齋藤 駿多

1年で培われた“余裕”
頼られる人間になるための成長

齋藤 駿多

Sign&Display Division Field Sales 2019年入社

SAITO SHUNTA
INTERVIEW

話すことが得意でない私が選んだ営業職、
営業職の中で選んだクレスト

もともとあまり人と話すことが得意な性格とは言えず、学生時代から人に”伝えたつもり”で失敗するなんて経験も少なくはありませんでした。そんなコミュニケーションに対する苦手を克服するために営業職で就活。とは言っても、学生時代にはこれといった理想像はなく、広い括りで漠然と進む就職活動の中、クレストの『LEGACY MARKET INNOVATION®』という企業理念に出会い転機を迎えます。
自己利益のみを追求するのではなく、数多くの古き良き斜陽産業を花形産業に変革させていく社会的意義を感じさせるような企業理念が、一個人としての価値観と強く重なり、この理念の元で働きたいと就職先にクレストを選びました。

齋藤 駿多

誰かに自慢できる成果、
自分で誇れる成長

私は現在、2つの業務をメインに担当しています。1つは販促物を必要とされているお客様と、製造会社様との間に入る代理店業務。もう1つはお客様と直接お話をして案件進行、納品までをする営業業務です。
代理店業務では、全てが提案ベースとなるので、どれだけ自分の引き出しから出せるかの勝負になります。まだまだ知識量が及ばず、先輩のアドバイスを聞きながらではありますが、やりがいを感じる仕事です。また、間に立つ仕事だからこそトラブルが起きた際に調整力が試される場面もありますが、それと同時に、成長を実感できる場面でもあります。
営業業務は誰かに自慢したくなるような仕事ができます。私自身、中学生から好きだった、某劇団様の公演をポスターやパンフレットから支えることができた経験は、この仕事の、そして幅広いお客様と携われるクレストの醍醐味だと感じました。

齋藤 駿多
齋藤 駿多

1年で培われた“余裕”
頼られる人間になるための成長

入社してすぐは、クレストの成長を支え合う文化や、誰にでも相談しやすい雰囲気から、1人1人“余裕”を持って働いている印象でした。
しかし成長するために日々100%で走りつづける中、余裕は自然と生まれるものではなく、“意図的"に持つことだと気づいたのです。
それこそが信頼していただける近道だと分かってから、この1年忍耐力を高め“余裕”を培うことができました。
“余裕”を持つことで業務だけではなく、社会人として成長するためにはどういうスキルが必要か、どういったキャリアプランを目指すべきかも、考えられるようになりました。
会社の成長速度を超えるために、社員の成長や目標を手厚くサポートしてくれる環境が整っているクレストは、非常に恵まれた環境だと思っています。1日でも早く実績をつみ、プロフェッショナルとしてお客様へより高いパフォーマンスを発揮できるように、これからも成長し続けていきたいです。

ENTRY

これからのCRESTを一緒につくる仲間をお待ちしています。 詳しくは右記からご覧ください。 詳しくは下記からご覧ください。

インターンシップについて 2023年卒の選考について
エントリーはこちら 募集要項 MY PAGE