伊藤 拓也

成長するために選んだ
クレスト

伊藤 拓也

Sign&Display Division Field Sales 2019年入社

ITO TAKUYA
INTERVIEW

成長するために選んだ
クレスト

どんなものでも売れるようになりたい、と思い前職の小売業から転職を決めました。営業職であれば特にこだわりは無かったのですが、その中でクレストに決めた理由は2つ。1つ目は新規営業とルート営業の両方をやっている中で新規にかなり力を入れていたこと。2つ目は自分が成長しやすい、オブラートに包まずに言うと厳しい環境に身を置けそうだった、ということです。
実際仕事をしてみると、お客様とのコミュニケーションスピードは非常に早く、業務の幅、売れる物、自分の裁量も大きく、想像以上にやればやるほど実力がついてくる環境でした。

伊藤 拓也

「空気以外はなんでも作れる」
相手の立ち位置で事業を発展させる

クレストは一口に営業と言っても、ヒアリングから具体的なご提案、デザイン、制作、設営まで、手を上げればスタートからゴールまで関わることができます。看板を始めとした強みは持ちつつも、常にお客様側に立ち「お困りごとがあれば空気以外は何でも用意する」勢いで、一緒になって成長を支えられることが大きな特徴だと思います。
自分の中でも特に「お客様側に立つ」ということを大切にしています。大きなサイネージから植栽の小さなお花まで、とにかく粘り強く、徹頭徹尾、相手に寄り添った仕事を心掛けています。そういった営業スタイルで自分のポテンシャルを活かせるのも、クレストの魅力だと思っていますね。

伊藤 拓也
伊藤 拓也

支え合い成長し合う風土がある環境

今でこそ自分のお客様も付き、思う存分成長に向かってひた走ることができていますが、最初は中々思うようにはいかず、数字自体がついてこない時期もありました。ですがそんな時は、上司や周りのメンバー達が事例共有をしてくれるので本当に助けられていました。
クレストはそれぞれが自分の長所を活かして仕事を進めることができます。だからこそ苦手な部分はみんなで助け合う文化が強く、結果としてスタンドプレーが発生しないようになっています。自分としても、当初からの目標である「自分でどんなものでも売れるような人間」になるだけではなく、サポートが必要なメンバーにも積極的に携わり、組織が上手く回る仕組みを創っていく人間になれるよう、日々成長し続けていきたいです。

ENTRY

これからのCRESTを一緒につくる仲間をお待ちしています。 詳しくは右記からご覧ください。 詳しくは下記からご覧ください。

インターンシップについて 2023年卒の選考について
エントリーはこちら 募集要項 MY PAGE